loading

NOW LOADING…

  • ホーム
  • 更新・失効講習 | 海技免状

海技免状更新・失効講習

開講スケジュール|オンライン予約

  • 航海スケジュール

    • 受講予約は をクリック下さい。
    講習日 更新講習 失効再交付講習
    1~3級 4~6級
    失効期間
    5年未満
    失効期間
    5年以上
    失効期間
    5年未満
    失効期間
    5年以上
    講習時間10:00~11:30 講習時間10:00~19:00 講習時間13時間※1 講習時間10:00~13:00 講習時間10:00~19:00
    6月12日(水) 受付終了 受付終了
    7月10日(水) 受付終了 受付終了
    8月14日(水) 受付終了 受付終了
    9月11日(水) 受付終了 受付終了
    ※1
    講習は2日間 ▶︎ 初日10:00~19:00/2日目 09:00~15:00
  • 機関スケジュール

    • 受講予約は をクリック下さい。
    講習日 更新講習 失効再交付講習
    1~3級 4~6級
    失効期間
    5年未満
    失効期間
    5年以上
    失効期間
    5年未満
    失効期間
    5年以上
    講習時間10:00~11:30 講習時間10:00~19:00 講習時間13時間※1 講習時間10:00~13:00 講習時間10:00~19:00
    6月26日(水) 受付終了 受付終了
    7月24日(水) 受付終了 受付終了
    8月28日(水) 受付終了 受付終了
    9月25日(水) 受付終了 受付終了
  • 通信・電子通信※2

    • 受講予約は をクリック下さい。
    講習日 更新講習 失効再交付講習
    講習時間10:00~11:30 講習時間10:00~13:00
    6月12日(水) 受付終了 受付終了
    7月10日(水) 受付終了 受付終了
    8月14日(水) 受付終了 受付終了
    9月11日(水) 受付終了 受付終了
    ※2
    船舶局無線従事者証明書が有効であること

講習会場と申込〆切日について

ご確認の上お申し込みください。

講習会場 JEIS中部(名古屋市)
申込〆切日 講習の3日前

料 金Cost

更新講習

本人申請

¥5,390

税込

  • 受講料 ¥5,390

代行申請

¥11,000

税込・送料込

  • 受講料 ¥5,390
  • 更新手数料(収入印紙代) ¥1,700
  • 海事代理士手数料 ¥3,910

失効再交付講習上級航海・上級機関(1〜3級)

5年未満

本人申請

¥24,200

税込

  • 受講料 ¥24,200

代行申請

¥30,000

税込・送料込

  • 受講料 ¥24,200
  • 更新手数料(収入印紙代) ¥1,500
  • 海事代理士手数料 ¥4,300
5年以上

本人申請

¥35,200

税込

  • 受講料 ¥35,200

代行申請

¥41,000

税込・送料込

  • 受講料 ¥35,200
  • 更新手数料(収入印紙代) ¥1,500
  • 海事代理士手数料 ¥4,300

失効再交付講習航海(通信)・機関(4〜6級)

5年未満

本人申請

¥11,600

税込

  • 受講料 ¥11,600

代行申請

¥17,000

税込・送料込

  • 受講料 ¥11,600
  • 更新手数料(収入印紙代) ¥1,500
  • 海事代理士手数料 ¥3,840
5年以上

本人申請

¥24,200

税込

  • 受講料 ¥24,200

代行申請

¥30,000

税込・送料込

  • 受講料 ¥24,200
  • 更新手数料(収入印紙代) ¥1,500
  • 海事代理士手数料 ¥4,300
  • 本人申請の場合、運輸局申請時に収入印紙が別途必要です。
  • 海事代理士手数料には、郵送料(簡易書留)が含まれています。
  • 価格は全て税込です。

概 要Summary

更新講習

海技免状の更新講習は有効期間満了の1年前から受講することができます。
有効期限はお持ちの海技免状でご確認ください。この日を経過してしまうと海技免状は失効してしまいます。
なお、WEB会議システム(ZOOM)を用いてオンラインでも受講できます。
詳しくはこちら

一般財団法人日本船舶職員養成協会(横浜市)のHPにリンクします。詳しくはリンク先へお問い合わせ下さい。

  • 受講時間は、1時間30分程度です。

失効再交付講習

海技免状は5年以内に更新手続をしなければ、失効します。
この場合、失効再交付講習を受講すれば海技免状の再交付を受けることができます。

  • 受講時間は、上級海技士(1~3級)の場合、13時間(失効期間5年以上)・8時間(失効期間5年未満)程度、 海技士(4~6級)の場合、8時間(失効期間5年以上)・3時間(失効期間5年未満)程度です。
有効期限

講習後、新しい免許証の交付申請を行わなければなりませんが、その方法は以下の二通りがあります。
講習申込時にお選びください。

ご自分で運輸局へ申請する場合

→講習終了時に申請に必要な書類一式をお渡しします。

海事代理士に申請手続を代行してもらう場合

→海事代理士にお申し込みください。

当協会では海事代理士が常駐しているため、お値打ちな料金、迅速な対応で人気があります。

身体適正基準Medical Standards

船員法の指定医師の発行する身体検査証明書を提示して、身体検査基準に合格しないと講義は受けられません。

指定医師一覧はコチラ
身体検査基準

  • 視力(矯正可、メガネ等お使いの方は忘れずにご持参ください。)
    航海士→各眼0.5以上
    機関士→両眼で0.4以上
    通信士→各眼0.4以上
  • 聴力→5mの距離で話声語の弁別ができること
  • 色覚→職務に支障をきたすおそれのある色覚に異状がないこと
  • 疾病および身体機能障害→軽症で海技士の業務に支障がないこと

必要提出書類Required Documents

海技士 更新・失効講習※1

提出書類 必要枚数
受講申込書※2 1通
住民票

(氏名、本籍(都道府県)に変更がある方)

1通※3

(本籍地記載で最新のもの)

写真※4 1枚
身体検査証明書※5 1通
海技免状のコピー 1通
委任状 1通※6
※1
航海で国際航海に従事する船舶に乗り組む方は、無線従事者免許証のコピーを提出の上、当日原本をご持参下さい。通信の方は、無線従事者免許証および船舶局無線従事者証明書のコピーを提出の上、当日原本をご持参下さい。
※2
各講習所定の用紙をご提出下さい。JEIS中部(名古屋市港区)で受講される方は不要
※3
氏名、本籍(都道府県)の変更のある方は、本籍地入りの住民票を提出の上、印紙代 1,000円が必要です。
海技免状を紛失した方は、本籍地入りの住民票、および運転免許証等のコピーを提出の上、当日はその運転免許証等の身分証明書をご持参下さい。
※4
カラーで縦30mm×横30mm、6カ月以内のもの(正面、無帽、無背景)、裏面に氏名・生年月日記入。
※5
船員法の指定医師の発行した身体検査証明書を提出してください。
※6
受講後の免許交付手続きを海事代理士に依頼する場合。JEIS中部(名古屋市港区)で受講される方は不要